為替差益が魅力の外貨預金

日銀の異次元緩和策もあり円安が定着する為替市場、預け入れた時以上に円安になれば為替差益が得られるのが外貨預金です。

外貨預金とは外貨建てで行う預金です。預金通貨は米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・南アランド・カナダドル・NZドル・スイスフランなどがあります。

普通預金、定期預金などの種類があり普通預金は出し入れ自由で、定期預金は満期まで預ければ所定の利息が付きます。

 

我々が普段円で行っている、普通預金、定期預金と基本的には同じものです。

 
【メリット】
1つ目は金利です。

 

預け入れた各通貨の母国の金利水準が適用されます。

 

米ドル建て預金にはアメリカの、豪ドル建ての預金にはオーストラリアの金利が適用されます。

預入先の金利が日本の金利より高い場合、その分円の預金より高い金利が得られます。

 
2つ目は為替の差益です。預け入れた時よりも、円が預け入れた通貨に対して円安になった場合為替差益が得られます。

【デメリット】
為替リスクがあります。

 

預け入れた時よりも、円が預け入れた通貨に対して円高になった場合為替差損を被り元本は保証されていません。

 

また預金保険制度による保護対象の商品ではありませんので、万一預け入れた金融機関の破綻などがありましても補償が約束されません。

 

為替の変動で大きな利益、大きな損失があり得ます。
その通貨に対して円が高い時に預け入れて、その通貨に対して円が安い時に引き出すのを目指すのが基本です。

Back to Top